最初はピストバイクで遊んでいたんだけど、、自転車って乗り物の事好きになるにつれ自然とロードバイクが気になり始め、シクロクロスに興味が出て来て、ツーリングも面白そうだし、トレイルを走ってみたくなり、ついでにキャンプもしたくなり、自然と家中自転車だらけ。。
全くもってそんな具合で気が付けばブルーラグで取り扱う車種もブランドも幅広くなりました。
MASH、AFFINITY CYCLES、FAIRWEATHER、RIVENDELL BICYCLE WORKS、LOW BICYCLES、SOMA、VELO ORANGE、RAWLAND、あと最近勢いのあるAll-Cityにエトセトラエトセトラ。どのブランドもそれぞれ超好き。自信を持って大切に扱ってます。ただ新しく始めたブランドや新入荷は鮮度が落ちないうちに、波が来てるタイミングでオススメしたい!って気持ちが常にあるのでついそちらに肩入れしちゃう。でも多分それは自然な事だし僕らにとってもあなたにとってもハッピーになれる近道の筈なので、BLUELUGの考え方に共感してくれてたり新たな刺激を求めているのならまずそちらをプッシュ。させて頂くのが基本。
でももし純粋に自分にとってベストな、最初の一台を求めブルーラグを訪れた人に「あなたの店は何が一番得意なの??」って問われたとしたら、真っ先に答えるのは「SURLY」。これは変わりません。多分この先ずっと。それこそフォークの先からBBの裏、塗装のにおいにエンドのネジ穴まで隅々分かり切ってるから。誰よりも僕ら自身が安心して紹介出来るブランドなワケだから。

BLUELUGバイクカタログのページ。ご覧になった事ありますでしょうか。無いならまず見て欲しい。これまでに僕らが組んだ、組ませて頂いたバイク(の一部。ここ数年の)が掲載されています。”SURLY”でフィルターかけて貰えれば車種問わず飽きるほどSURLYのバイクが見れます。そして色も組み方もまじでバラバラ。同じフレームでここまでバリエーションに富む変身遂げるのはSURLYだけじゃない?
特定のブランドに対し強い憧れや「これ以外認めない」みたいな完成したイメージが無いのであればあなたにはSURLYをおすすめします。素晴らしく丈夫で、自転車フレームとしての完成度が高く、でも値段は安く、最初シンプルで、最後は死ぬほどオプションを付けられる(モデルによってだけど)本当にどうとでもなるバイクだから。ただちょっとロゴがいかめしかったり、作りが少々無骨なのでそういうのちょっと苦手だなと思うなら、エレガントなサーリーにも出来ますのでご安心を。

知り尽くしてる、ってのもあるけど、SURLYのもう一つの強みは在庫量。そしてサイズ展開。ふらっと立ち寄ったBLUELUGで店員のお兄さんと話が弾み、じゃあ組んじゃいましょう色塗っちゃいましょう!ってなったとしても必ずあなたにぴったりのサイズがある。必ずは言い過ぎだけど、98%くらいは用意出来ます多分。ふわっとしたイメージでも用途でも、色だけでも伝えてくれれば、探り探りであなたに適した車種とスタイルをアドバイス。一緒に探しましょう。勿論サイズはぴったりで。BLUELUGは基本的にスタッフ全員SURLY乗りで、SURLY好きで小さなSURLY専門家。気軽に声をかけて相談して頂戴♪

自転車ばかり組んでるし、フレームしかないと思われちゃ困る。SURLYのバイクパーツや小物類、便利なもの、面白いもの色々あるよ。そっち方面充実してるのもSURLYの魅力です。とか言いながら用途不明なモノ早速仕入れたのでご紹介〜

*SURLY* shop banner (large)

こんなことや

そんなこと。素晴らしくデカいショップバナー。お店やイベント会場でしかお目にかかれないやつです。部屋の天井に下げたり、ガレージに飾ったり、シェードの代わりにしたり使い方様々??病的SURLYファンの方どうですか。

こちらは家庭用(?)サイズ。

*SURLY* shop banner (small)

日本家屋でも無理ないサイズ感。↑に比べればパンチは足りないけど実際飾りやすい。

こちらはSURLYのアートチーム(通称アートガイ)により発行される貴重なZINE。

*SURLY* intelligencer

こっそりBLUELUGが掲載されてる回もあったり。普通にうれしい。

彼ら独自の世界観(の一部)を感じる事が出来る貴重な媒体です。内容は見てのお楽しみで⤴︎⤴︎

あとそう。先日ちゅーやんのブログでピックアップされてたSURLY噂の新モデル”PACK RAT”がいよいよオンラインストアでも取り扱い開始。この機会に軽く触れときます。

*SURLY* pack rat

フレームが38cmから用意され、対応するホイールサイズ26インチという事で、実質SURLYの中で最小のバイク。小柄な方でも快適に乗る事が出来る設計です。組み上がった時のバランスも良い。

そして何よりPACK RATのポイントはフロント積載専用設計。デザインはCROSS-CHECK、LONG HAUL、STRAGGLERに似通っているけれど、大きく異なるのはこの一点。フロントラックを取り付け、沢山の荷物を乗せた状態で走行しても狙い通りのハンドリングを生み出すジオメトリー。あなたのイメージしているバイクがこのPACK RATと同じ方向性であるのなら候補の一つとしてカウントしておいた方が良いかも。

全てのパーツを厳選して、フレームから組み上げるのは最高だよね!でも予算の事もあるしパーツも良くわからんし。。って場合はSURLYが用意してくれたコンプリートバイクを土台に構想を練るのも一つの手。PACK RATはなんとフロントラック(*SURLY*24-PACK RACK。素晴らしいラック)が初めから付いて来ちゃう。ってまじ??フレームは取りあえずカスタムペイントして、雰囲気変えたいところ(サドルとかハンドルとか)だけ変えていい感じにする。ってのも賢いやり方。それだけでも超かっこよくなるだろうし、もしそれで自転車にハマっちゃったなら後からイジればいいし。これは覚えていて欲しいのだけど、BLUELUGが組む自転車は納車の時が完成じゃないんです。むしろスタート。そう考えれば気が楽だし、なんかワクワクしません??

とは言ってもむちゃくちゃ車種が多いし、いまいち違いが分からない。のSURLY。そんな方のためにSURLY特設ページご用意してます。それぞれの車種を実際に普段乗り回しているスタッフがご紹介。仕様とか乗り味とかもすごく大事だけど、それぞれのバイクの雰囲気とかどんなタイプの人物が乗っているか、服装はイケてるか、そういうのも大事だと僕ら思います。これから自分が乗るモデルを決めようとするのではなく、どんなバイクにしたいか。その事を念頭にイメージを膨らませて貰えると幸いです。CROSS-CHECKかLONG HAULかSTRAGGLERか。はたまたPACK RATか。それはお話の中で自然に決まる事かもしれませんので。「コレ」って決めず、ふわっと考える。良いバイクを組むコツだと思いますよ👍