8ag(バッグ)の日、連休いっぱいの12日(月)まで開催中。クレイジーな柄のエコサコッシュ、チープな感じを想像してたけど実物めちゃ可愛いので是非皆様店頭でお買い物楽しんでいただけたら嬉しいです。

今日はバッグの日にちなんでバッグのこと書きます。僕が紹介するとなるとやはり、

「SWIFT INDUSTRIES」

バッグはバッグでも、自分じゃなくて自転車に背負ってもらうバッグ。

普段ブルーラグのブログなんかを読んでいただいている方は、おなじみのメーカー。

でも、梅雨明けのこの時期、初めてお店来ました!とか、最近自転車に興味もったんですが・・なんてお声を店頭でたくさん頂く季節。

今改めて見てもらったら「なにこれ良いかも」って初見の方、「ずっと気になってたけど試してみようかしら」って方もいるんじゃなかろうかと考えました。

モデル色々あるのだけど、”初めてのSWIFT”として候補に入れて欲しいのがこちら。

「Paloma Handlebar Bag」

ハンドルに直接クランプする、軽量で防水な四角いランドナーバッグ。

僕自身長いこと使っていて本当におすすめなのと、最近大きめサドルバッグ等の他モデルに押されがちなので再評価して欲しいなーという気持ちもあります。

避暑おじいちゃんを横目に

サッと到着

バイク停めたら

ワンタッチで外して(ここ重要)

肩ストラップシュバッ

避暑おじいちゃんに会釈

「おざいまーす!」

てな具合です。

なぜ”初めてのSWIFT”として良いのかというと、キャリアやラックがなくても付けられるハードルの低さ、イコール対応車種の幅も広いとこ。そして簡単につけられるバッグの中では容量が大きいのもポイント。

そして脱着が本当にイージー(これがすごく重要)

真ん中の赤いボタンをポチッとな

サッと秒で外れます。本当の意味でワンタッチ。

目的地に着いたら外してそのまま店内に。この小回り効くところがツーリングやキャンプだけじゃもったい無くて、街の中や普段乗りにぴったりだと思う。ピストやロードバイクにも使ってほしいです。

ドロップハンドルの内側に収まる設計だけど、

フラットバーやライザーにも。これは代々木公園店のトミーのバイク。

カネヤンみたいにトラックバイクにつけちゃっても良い。

バッグのたくさん付いたツーリングバイクのサブバッグとしてももちろん良いけど、シンプルな日常バイクにこれを一個メインにしちゃうのが今の気分です↓


(スタッフ一周のCRUSTに付いてるのはコラボで作ってもらったワックスキャンバス生地。夏休み地元新潟で酷使しまくって味が出ていい感じで悔しい)

取り付けはドライバーと4mm六角レンチで簡単ですが、店頭でしたらその場ですぐお取り付けいたします。

その日の荷物をポンポコ放り込んで、手ぶらの自転車生活いかがでしょうか。おすすめです。