本日はSURLYのバイクからRIVENDELLに載せ換え事例のご報告。
このパターンBLUELUGあるあるで期末テスト範囲なので、アンダーバー引いといてくださいねー。
(めちゃくちゃ筆箱充実してる人いましたよね。蛍光ペン5色みたいな人。あるある。)

お持込されたのはこのバイク。

SURLYのLHT。
僕が代々木公園店にいる時に組ませて貰ったはずだから彼此3年前位?
ハードに乗り込んで頂けてるのが垣間見れます。

握り込まれたバーテープ。汚れたタンサイド。黒いドライブトレイン。
それだけでこのバイクがオーナーと過ごして来た時間を容易に想像出来ます。ここまで沢山乗って貰うと清々しい。

勿論載せ換える為に一度パーツをバラすので綺麗に出来る所はお掃除して新しいフレームへと移していきます。

今回の場合フェンダーやらラックやらでフレームが変わるとちょいっとアレコレしなきゃいけない所もあったんですが、よっこいしょっと!完成です。

どうぞ。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)
*RIVENDELL* joe appaloosa (54)

フレームサイズによってホイールサイズも変わるJOE.A。この54ってサイズは700C。
身長の高いオーナーさんは元々700CモデルのSURLYのLHT乗ってたので上手に載せ換えにて。
ATLANTISと悩んでいらっしゃった様でしたけどホイールをそのまま活かせる(ATLANTISは650B)事が
JOE.Aになった決め手となりました。
後述しますけどこのオレンジのJOE.Aはちょっと特別。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

ハンドルはLHT時代からのalbastache bar。
このカラーにマスタッシュ系が付いてると、どうしても思い出すバイクがあるのでちょっと脱線。


【RADAVIST】より拝借。
Bridgestone USAの過去の名車は今見ても(今だから?)とても素敵に見えますね。
因みに知ってる方も多そうですがBridgestone USAとRIVENDELLの関係は同じく上記リンク先や、【コッチ】なんかもおもしろいかと。英語の読めない僕でもフムフムってなるんで。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

話を戻して。アヘッドのSURLYからの載せ換えなのでステムは新しく。
RIVENDELLのフレームはヘッドセットが付属されるのは地味嬉しいですよね。お財布に優しい。
RIVENDELLといえばやっぱり特徴的なラグですね。特にJOE.Aのフォーククラウンは力強くてかっこいいですね。RIVENDELLの美意識が感じれるポイントです。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

前後のキャリアもお引越しさせてます。どちらもNITTO製RIVENDELLデザインの物を。
タフなライドを支えてくれるのはLHT時代からのお墨付き。
未来でRIVENDELLに載せ換えるのが分かっていた様なコンボでのアッセンブル。御見それしました。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

フェンダーに前機体の魂を載せておきましょう。何分苦楽を共にした中ですから。一人じゃないぜ。
俺が信じるお前を信じろ!なんてアツイ展開を信じて。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

使い込まれたリム。まだまだリムサイドはピンピンなので頑張ってもらいましょう。
大分乗り込まれてる様子でしたが、さすがATLAS。めちゃくちゃ丈夫なのが確認できました。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

AARNのリングでフロントシングルに。こちらも大分汚れていましたが綺麗にして再組み付け。
荷物を沢山載せてツーリング、ギア操作はシンプルで幅の広いギアレシオは恩恵が多そう。
なにより今っぽい感じが垢抜けててフル装備の車体も軽快に見せてくれますね。

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

こちらもRIVENDELLデザインのお馴染みMKSのLAMBDAペダル。
よーく見ると吸盤型スパイクにピン打ちされててオーナーさんのDIYが伺えます。
実はこれ本家RIVENDELLでも紹介されてるカスタム。なんだけどMKSさん的におススメしてる訳では無いので真似してみたいなーって方は自己責任で。笑

*RIVENDELL* joe appaloosa (55)

数あるRIVENDELLのフレームラインナップの中でも万能機。
バイクキャンピングやシングルトラック(これはウエンツが去年のシアトルで実証済みですね)なんかを楽しみつつ、普段の大切な日常も寄り添ってくれるJOE.A。
実はBLUELUGスタッフでも所有者多め。(MAXさん、サプライさん、ウエンツ)

この万能機をオレンジカラーで作ってくれたってのはRIVENDELLの粋な計らい。
往年の名車が頭に過ぎって、組み立て中うふふってなりました。

View this post on Instagram

????RIVENDELL JOE APPALOOSA???? . . 僕らの念願といってもいいかもしれない、柿色のJOE.A。 . きっとこの色はRIVにとっても、ボスのMr.Grantにとっても特別で、詳しくはWikipediaに譲るけど、やっぱあの往年の名車と重なる。 . RIV立ち上げ前のグラントさんが企画した。 . 日常の相棒にはもちろん、年に数回の思い切ったロングツーリングにも。 . キャリアもフェンダーもスタンドもお手のもの。 . 長めのチェーンステーは安定感の要だし、MTBばりの太いタイヤを飲みこむクリアランスは、ロマンのかたまりでしかない。 . 今回は長く乗り込んだSURLY LONG HAUL TRUCKERからの載せ替えでした。 . とてもいい自転車との関係性だと思ったし、あまったLHTのフレームはどうする?なんて、ちょっと贅沢な楽しみも出てきました。 . それはまたゆっくり考えるとして、いまはこの新しいけど馴染みのあるバイクをめいっぱい楽しんでもらえたら。 . 今日もBLUE LUGは14時から22時まで営業中。 . 木曜なので代々木公園店のみお休みです。 . お間違えなく!

A post shared by BLUE LUG bike shop????????‍???? (@bluelug) on

載せ換える事で「新しいけど馴染みのあるバイク」に生まれ変わりましたね。
ぜひ参考にしてみては?

刺激的なお仕事ありがとうございましたー。
LHT並みに、いやそれ以上に乗り込んでくださいねー。

内容が濃くなり過ぎたので本日はこの1台で、お開きで。