代々木公園松本です。

ある人にとっては特効薬、またある人には目に毒です耐えられなですとか思いそうな色々とスキャンダラスなフレーム、MASHSTEELを組ませてもらいました。
cinelliとのコラボレーションにて世に送り出された名作MASHWORKが記憶に新しいところですが、そのDNAを引き継ぐ後継機であります。
彼らなりのアップデートを経てリリースされた本フレームですが、特出すべきは攻撃的なフォークのアングル、ブレーキ台座の改善。(形状が変わりました)によってもっとオフェンシブな一本になるかなと思います。

各カラー一台づつまずは組ませていただきましたので、順にご紹介させてもらおうかと思います。

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

 

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

*MASH* STEEL (XS)

MASH STEEL/SIZE:XS(silver smoke)

まずはOLDMTBライクな独特なペイントワークが目を惹くSilver smokeというカラーリング。 一見ノスタルジックなんだけど、ある人の解釈ではゴリゴリのトラッククロスのフレーム。でも違う人に聞いてみるとフラットバーにスリックタイヤでストリートライディングしたいって思ってくれそうな、実にネオな感覚のフレームだなと思いました。
個人的にまずは、オフロードバイクに組むのが一番似合うと思ってこの着地です。
でもなんか競輪クランク使いたくなったり、普通のオフロードバイクにはない自由な発想ってのが素直に引き出されたようで、組んでいて楽しかったです。
ごちゃ混ぜしてもいいじゃん、実際自分のルーツも混ざり合って濁ってできてるんだからって言われてるようで。
僭越ながら、MASHの背中をみて自転車に関わり続けてきた身として、急に途中経過の答え合わせをされたような、なんだか不思議な感覚。
クリーンに一台これだけのためにパーツ集めてもいいし、パーツボックスひっくり返してこんなん持ってたわーとか言いながらちょっとDIYな感じでアプローチするのも似合うなと思いました。

次!!

*MASH* STEEL (M)

*MASH* STEEL (M)

*MASH* STEEL (M)

*MASH* STEEL (M)

*MASH* STEEL (M)

*MASH* STEEL (M)

MASH STEEL/SIZE:M (black chrome)

前作のMASHWORKはロウフィニッシュにスモーククリアって感じでしたがこちらのカラーは下地がメッキなので、塗装が傷んだところからサビが浮き上がってくることが無くなりました。こちらの方がクリーンに長く付き合えそうで好印象。どっちか買っていいよって言われたら松本はこっち選びます。笑
SMOKEほどのパンチはないけど普通で普遍的でいい。
ここ重要なんだけど、その普通の基準がめっぽう高いMASHだから、細やかなディテールワークにニヤリと出来るくらいが僕的には調子いいです。
従って、こっちは自分が乗るならって組み合わせを少し抽出しました。
シングルロードみたいに乗るんだけど、固定ギアで。
久しぶりにメッセンジャーバッグなんか背負っちゃって、スピードと自転車との一体感と楽しむ自転車にしたいななんて思いながら組みました。手元に補助レバーつけちゃったんだけど、頑張りすぎて疲れそうだなと思って。。笑
ブロックタイヤに変えちゃえば、オフロードも行けちゃうし、このセッティングで出来ることを増やしながら乗って見たいなあと思いました。

 

 

ちょっとづつとは言い難い感じで、急激に各メディアを賑わせているフレームですがどう思いますか?
そりゃ気になるっしょって思う方も少なくないはずです。

 

もうちょっと誘惑していいですか?

本国MASHのインスタグラム見ると、チームライダーがハードコアーに乗る姿だったり、MASHSTEELのハッシュタグをみるとみんなの状況が見て取れます。

悩んでる方にとってはとってもいい情報が落っこちているので僕たちのWEB以外にもMASHのインフォメーションなんかもコンスタントに見てみるといいかもです。

STEEL自体はこれからも継続的に作り続けるフレームだそうですが、カラーに関しては今回のロット限りで変わるみたいです。なんだかんだで色ってモチベーションの一要素として結構大きいと思うので、この機会を大切にいきましょー!

今回ご紹介させていただいた二台は店頭にストックしてありますので、実物見て見て悶々としにきてくださーい。

 

それでは。