こんばんわ谷です。

今日は大好きなラックのこと書きます。多分最高傑作というか、ある意味これ以上のものないんじゃない?って僕が思っているラックです。好きすぎてしょっちゅうブログに書いてる気がするけど。
スクリーンショット 2016-12-14 1.32.08
*NITTO* M-1 front rack

rivendellのmarkさんが考えて、日東さんが作っている、歴史的マスターピース。
IMG_9356-1024x683
自転車のフレームって形は様々。でもこれはその様々に対応できるようアイデアが詰まっていて、、シンプルだしこれで十分だし、でも誰も形にしてこなかった名品。

Rivendellのバイクはもちろん、僕らはこのラックをいろんなバイクに使います。
スクリーンショット 2016-12-14 1.28.37
バスケットを乗っけてみたり、

スクリーンショット 2016-12-14 1.29.32
フロントバッグを乗っけてみたり、

download1
サイドにライトを仕込むのもいいね!

僕らの永遠の定番です。ある意味このラックをうまく生活に落とし込めてたらもうそれで格好いい、って説もあるくらい。

お取り付けはいつでもお店で承ります、が「自分で付けたい!」ってひともいると思うので

ダンカンTVテスト #ダンカンTV #bluelug_kamiuma

A video posted by Akimasa Tani (@akimasa_tani) on


ちょうどお取り付け作業をやっていたメカニックダンカン君主演で動画を撮りました。ざっくりだけど。

ステーの長さ、ラックの角度(果たしてただ水平というのがベストであろうか)細かなところはDIYで乗り切りましょう。

もし「ざっくりすぎてよくわかんないな!」ってひとは

本家Rivendell、本家Markさん主演の動画を御覧ください。

つくかつかないかわからない!って方は、ブルーラグ各店に自転車持って来ていただければ、メカ各員戦闘配備でお答えしますので、お気軽にー

ダンカンTVテスト #ダンカンTV #bluelug_kamiuma

A video posted by Akimasa Tani (@akimasa_tani) on