夜だったしブレブレですね。もう4年前です。

夜行バスに向かう約5kmの道のり、

きっとあそこは歩いてはいけなかったんだと思います。ちょっと涙目ですね。チューヤンでっす〆

 

 

今日はLAことロサンゼルスのバイクショップ。

ブログまで読んで頂けているお客様の方がご存知かもしれませんね。

 

GOLDEN SADDLE CYCLERY

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tracko(@kylebkelley)がシェアした投稿

オーナーはカイルさんことKyle Kelley、そしてまたの名をTRACKO

幼い頃からマウンテンバイクやBMX乗っていた彼。

同じLAにあるORANGE20っていうスポーツバイクショップで働き始めて

シングルスピードや、クロモリ、アメリカンハンドメイドバイクやパーツ、ツールドフランスの世界なんかをキーワードに、もっとやりたいことが出来るようなバイクショップを目指したい、働きたいと思い

Ty Hathaway&WOODY(2人共これまためちゃかっこいい自転車乗りだったり、メカニック)と立ち上げたのが約10年前の2011年

僕が訪れた4年前には実際お会いすること出来なかったんだけど、このあとすぐ車でそのまま訪ねたSEANが教えてくれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tracko(@kylebkelley)がシェアした投稿

余談でSean/ショーンって誰?ってなると思うので、補足を加えると写真向かって左側

ORANGE20でKyleがマネージャーを勤めていた時に入ってきたのがSean

Seanは、TEAM DREAMのBOSSであり、RingtailはKyle&Seanのブランドだったりと、ファミリーみたいな仲なんだと思います。

訪れた時も、「美味しいハンバーガー屋さん教えてくれない?」って聞いたら、

「僕あんまり食べないから、友達に聞いてみるよ。」ということで、実際会えなかったけど現地でリモートにて、ナイストューミーチュ。でした。本当に仲良し。

 

 

 

置いてあるバイクやパーツには4年前なだけに少し時を感じる部分はあれど

窓から入る光だったり、明るい人柄表すような色遊びされている店内

それに相反するように、使い込まれているメカニックピットと

時間経って改めて振り返っても、やっぱクールで最高なバイクショップ。

 

(このバイクの持ち主、奥はあのサイトのオフィスに実はなっていたり。)

おまけに外には、お客様の預かりだったり、スタッフバイクが並んでいるわけですが、これまた最高です。

インスタグラムで時折出るバイクにはメカニックとしても学びだったり、惹かれてしまうところも少なくないですね。

ちょいと写真が古かったので、1年前ぐらいの動画を良かったら合わせてお時間ある時にでもご覧ください。

 

そしてそして、滅多に入ってこないだけにスタッフ筆頭にもうすみません。なところもあるんですが、

ステッカー筆頭に実は入荷しておりますので、個人的には残り少ないバンダナに靴下がこれからの季節含めてもってこいかと。

こちらも良かったら、チェックしてみてください。


ではでは。

m(__)m