中華街楽しい #デジタルの優雅な休日シリーズ

A post shared by yudai aihara (@yudai_onett) on


この前のお休みに皆で横浜中華街に行ってきまして、初めて「占い」ってやつをしてきました。
どうやら35歳まで独り身の様です。

バイクカタログの更新です。
春はもうすぐ傍に。愛車のカスタムやまだ見ぬ相棒の構想にどうぞお役立てください。

*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)
*ALL-CITY* nature boy disc (43)

モールトンやBD-1の小径車からオーダーバイクまで様々なバイクをお楽しみの女性オーナーさん。
お持ちのバイクのカスタムを担当させて貰ってたんですけど、「シングルスピードのバイクも欲しい!」とご相談頂いてこの度納車となりました。
お手持ちのバイクにドロップハンドルの車体が無かった事と別性格のバイクをお渡ししたかったのでおススメさせて頂きました。
ディスクブレーキは握力の小さい女性の方でもしっかり効くのでドロップハンドル女子には相性良しかなんて思ってます。
ALLCITYはサイズによってホイール径を変えてきてくれてるので彼らの考える理想のジオメトリーで提供できるのが好きです。
今回は43のサイズで650Bホイールなので女性でも足つき性が良く無理なく安心して乗り回せるでしょう。
数々のバイクを所有されてるオーナーさんなので高品質パーツを選んで頂きました。
フレーム同色のKINGのヘッドにPAULのパーツ。
とても新鮮だったのがPAULのクロスレバーの片方付けですかね。
これ凄く使いがって良くて真似したくなりました。(確かアゼミさんもやってたっけ?)
バーテープは最近のお気に入りになってる*MASH* constellation bar tapeを。
星座の柄がポイントってのもあるんでけど意外とネイビーのバーテープって出てこないのでデジタル的に重宝してます。
今回も大変気に入ってもらえたので僕も大満足。
初めてのシングルスピードって事で心配されてましたが早速通勤など、日々の足に使って頂けてる様なので一安心。
「思ってたよりしっかり進んでくれるし、乗りやすい!」なんて褒めてもらったんで、女子の方々、シングルスピードなんてどうでしょう?
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)
*SURLY* disc trucker (52)


*SURLY* disc trucker (52)
ブラックとシルバーの好配色が確信犯的なディスクトラッカー。
もはや定番的になってる650bへのホイールインチアップのカスタムはディスクブレーキの特権ですね。
新入荷から飛ぶ鳥を落とす勢いの*NITTO* V-4 stemをコックピットの主役にマウンテンドロップにバーコンの正統派ロマンス仕様。
名作スパイダーサドルに合せた特徴的な柄のバーテープはこちらも*MASH* X-grid bar tape。
この春はMASHのバーテープがアツイです。覚えておきましょう。
PHILのヘッドセットにWHITEのクランクなどのアメリカンパーツも抑えつつ、先日のイベントも記憶に新しい、日東のパーツ類にMKSのラムダペダルを。(イベントでお伺いしたんですが、海外ではラムダの事をグリップキングって呼ぶらしいですよ。)
これにて日米ドリームタッグバイクとなりました。YES we can。(古い)
SOMAのデラックスポーターラックは補強ステーも入り、より頑丈なんで使い方、乗せる物をあれこれ考えるだけで夢が膨らみますね。
普段のアスファルトは勿論、冒険心擽る悪路もバッチ来いのアッセンブルとなりましたので、是非このバイクで沢山いろんな景色を楽しんで下さいねー!
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
*SURLY* long haul trucker (46)
本日の最後は春の新生活の参考になればと思い店頭用にこしらえたLHTの紹介です。
春らしく明るめのフレームカラーはCOOK paint WORKSにて。
(余談ですが、ペインターの今野さんは冒頭の占いで彼女の誕生日を1日間違えるをメイクしました)
新生活は新しい景色が多いと思うので視界良好になる様に高めのライザーバーを採用。男女問わず楽な姿勢を目指して。
元々はロングツーリング設計のフレームだけど街中流すにも気持ちよく進んでくれるのでライザーバーとの相性もバッチシです。
乗車姿勢はnot前傾になるのでサドルは座面広めの*BROOKS* cambium C19 (all weather)を。
お尻痛いの我慢して乗りたくないもんね。
ここまで来たらお気付きだと思いますが、なるべくブラックになる様に小物パーツ選びました。
まさかの大ヒット*DIA-COMPE* downtube cable adjuster (all black)*DIA-COMPE* bar end control (black)をハンドルに。
手前味噌ながらかゆい所に手が届くラインナップです。
結構こうゆう細かい所でバイクの印象って変わるから各メカニック大事にしてますし、この辺の塩梅とワビサビは各メカニックに相談していただければきっと満足して頂けるかと。

なんだかんだやっぱり春が自転車乗る季節にはぴったしだし、新しい事始めるのには合ってると思います。
「春だしな!自転車買うか!」も何と無く許される気がしませんか?笑

ちょっとでも気になりだした方やお手持ちのバイクのカスタム欲が湧いてきちゃった方は是非BLUELUGの広辞苑こと、
「バイクカタログ」を覗いてみてください。
きっとヒントが見つかるはずでーす。

自転車に関するご相談はお気軽に。各スタッフお待ちしてますね。
それでは今週も張り切ってまいりましょー!