*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel
*MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel *MASH* steel

*MASH* steel Size : L

NICE BIKE! 9
読み込み中...

ヘッドセットはMASHの本国サイトでも付いているのをたびたび目にする*CHRIS KING* nothreadset 1 1/8 inchを。
フレームをしっかり酷使していくためにはこういう何度も付けたり外したりを繰り返したくないところはタフで確かなものを。それが結局一番長く使っていける秘訣です。

ブレーキレバーには*DIA-COMPE* SS-6 brake leverのカラー物をワンポイント。
差し色入れるつもりがドンピシャハマってしまうのはきっとフレームカラーのせいですね。
図らずもレインボーのフレークにハマってます。

サドルは*WTB* silverado race saddle BL specialを。シートポストと同じくでオールブラック。

フレームの細部に目を凝らすとこだわり抜いたディテールにやられがち。
シートステーをつなぐブリッジのロゴだって、エンドのMASHのロゴだって、これを見せられるともう虜。大体の人が我慢ならなくなりそう。
「MASH、やってくれたなー。」って声出ちゃいます。

今回のフレームに選んだタイヤは*PANARACER* gravel king SS 700c tireで、太さはクリアランスぎりぎりの38Cで。
パナレーサーのグラベルキングSSというタイヤ、いいとこどりのタイヤです。
センターのパターンはスリックめで、サイドに低いノブが敷き詰められています。
グラベルに入った時、太さと空気圧を落とせばサイドのノブが仕事をしてくれるのでグラベルをより味わえるタイヤとなってます。

アスファルトのシーンでは空気圧高めで路面との抵抗を落として、たまに行きたくなるオフロードめなところでは思い切って空気圧を落とすと接地面が増えていつもは味わえないライディングが待ってます。そんな楽しいタイヤ。
もちろんチューブレスにだって対応!!

*MKS* MASH stream pedalこうなればペダルはこれっきゃない。MKS × MASHのアレです。
そういえばやってほしかったオールブラックに、クリップを付けて恩恵を最大に受けられる蹴返し付き。
やっぱりやってくれるMASHですね。

と、まんまとMASHの魅力あてられてしまいました。
自分で紹介しながらマジで気になってしまった1台でございます。

by シャミ

PARTSLIST

Frame : *MASH* STEEL
STEM : *EASTON*
Handlebar : *NITTO* for shred bar
Head Set : *CHRIS KING* 1 1/8" nothreadset headset
Wheels : *AMBROSIO* × *GRAN COMPE* small track hub
Tire : *PANARACER* gravel king SS 700c tire
Crankset : *BLUELUG* RMC crank set
Cog : *SHIMANO* BMX freewheel
Brake Lever : *DIA-COMPE* SS-6 brake lever
Grip : *ESI* racers edge grip
Saddle : *WTB* silverado race saddle BL special
Pedal : *MKS* MASH stream pedal

BUILT BY

BLUE LUG 幡ヶ谷

BLUE LUG HATAGAYA

東京都渋谷区幡ヶ谷2-32-3
TEL:03-6662-5042

Google Maps Blog