*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini
*RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini *RIVENDELL* roadini

*RIVENDELL* roadini Size : 50

NICE BIKE! 7
読み込み中...

日常の都市生活で活躍する理想のバイクはどんなんだろう、とROADINIを組んでみました。

サイズは50、適応PBH(地面から恥骨まで、食い込ませた股下の長さ)は77-83cm。

Rivendellのバイクにシマノの現行の変速STIレバーと、純正のロードバイククランクを組み付けることは、滅多にないのですが、このフレームならちょっとありなのかも、というご提案。

というのも、昔はそんな組み方はイケテナイと思ってた僕ですが、このフレームが発売されてすぐ、Rivスタッフのハリーがそんな組み方をしていて、目から鱗ポロりしたわけです。

リムもシッカリ頑丈なものではなく、ピュンと軽いA23を。タイヤはRivendellの33c。33って聞くと僕は麻痺してるので「細いかな」なんて思うけど、世のロードバイクは23cですもんね。

太めのタイヤを跨ぐため、いわゆる”ミディアムリーチ”のブレーキが必要なのですが、shimano、dia-compe、tektroといくつかのメーカーがまだ作ってくれています。今回はシマノにしました。

乗り味は、Rivendellにしたら、って言ったら大好きなRivに申し訳ないのだけど、Rivにしたらかなりスイスイ軽くスピード感あり。踏んだらグングン前に出る加速感。

26.0mmのドロップハンドルを選んだのなら美しい*NITTO* rivendell lugged stemを使えるのも良いところ。

クロモリの美しいロードバイクが欲しいけど、タイトで縁石の段差で気を遣う細いのはちょっと、という方にぜひ乗って欲しいです。

by 谷

PARTSLIST

Frame : *RIVENDELL* roadini
Rims : *VELOCITY* a23 rim
Stem : *NITTO* rivendell lugged stem
Handlebar : *FAIRWEATHER* M174AA all road bar
Tire : *RIVENDELL* jack brown tire
Crank : *SHIMANO* 105
Shift Lever : *SHIMANO* 105
Saddle : *BROOKS* team pro special
FD&RD : *SHIMANO* 105
Saddle Bag : *SWIFT INDUSTRIES* scout's motto tool roll
Bar Tape : *BLUE LUG* acrylic cloth bar tape

BUILT BY

BLUE LUG 上馬

BLUE LUG KAMIUMA

東京都世田谷区上馬2-38-5
TEL:03-6805-3400

Google Maps Blog