システムメンテナンスのため、一時的に画像が表示されません。しばらく経ってからアクセスしてください🐼

*SURLY* low side Size : M

NICE BIKE! 1
読み込み中...

初代1×1の血をしっかり受け継いだこのLOWSIDEは27.5 x 2.8″ または 26 x 3.0″ の太めのタイヤクリアランスを確保し、もしご希望だったらサスペンションをつけることも可能。

そしてこのLOWSIDE最大の特徴がこちら。

元々シングルのマウンテンバイクとしてラインナップされているLOWSIDEですが、今回のオーナーさんはギア付きでの組付けをご希望。そう。シングルとギアードを選択可能なんです。

それを可能にしたのがこの独特のエンド形状。Gnot-BoostBoostといいます。この規格は142 x 12mm または 148 x 12mm スルーアクセルリアハブ、それと135 x 10mm QR ハブ (10/12 アダプターワッシャーが必要) とも相互性があります。はい。意味わかんないと思います。わかりやすく言うと、めちゃくちゃ色んなハブが選択可能ということです。

ギア付きにするにしたがって必要なパーツ類はSHIMANOのZEEというものを使用しました。元はマウンテンバイクで飛んだり跳ねたりする「ダートジャンプ」や山の下りの速さで競う「ダウンヒル」というカテゴリー用に作られたシリーズなので、ちょっとやんちゃなイメージのLOWSIDEとぴったりだな。ということでチョイス。このようなむずかしめなところはメカニックの僕たちに任せてもらえると、ご予算と相談して最適な組み合わせを考えるので、何でも聞いてみてください。

ハンドルはSURLYが作った最強遊びハンドル。*SURLY* sunrise barをチョイス。
このハンドルに合わせるのはTHOMSONのステムとシートポスト。THOMSONはステムもシートポストも様々な規格に対応しているので、僕らの扱いのある自転車のほとんどに取り付けが可能。しかもアメリカ製。アガる。

ハンドルのかじを切るために必要なヘッドパーツはCHRISKING見た目だけじゃない絶対的な精度と長寿命。こちらもアメリカ製。アガる。

うん。かっこいい。久々に僕もマウンテンバイクほしくなってきた。。

by ウエンツ

PARTSLIST

Frame : *SURLY* low side
Headset : *CHRIS KING*
Tire : *SCHWALBE* rapid rob
Handlebar : *SURLY* sunrise bar
Stem : *THOMSON* bmx stem
Brake Lever : *SHIMANO*
Crank : *SHIMANO* ZEE
RD : *SHIMANO* ZEE
Grip : *ESI* racers edge grip
Saddle : *WTB* silverado race saddle BL special
Seat Post : *THOMSON* elite setback seatpost
Pedal : *ODYSSEY*

BUILT BY

BLUE LUG 上馬

BLUE LUG KAMIUMA

東京都世田谷区上馬2-38-5
TEL:03-6805-3400

Google Maps Blog