*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
*BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra

Matsu's *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra Size : 15"

NICE BIKE! 7
読み込み中...

早速組みました。

モンスタークロスという枠組みではカテゴライズできない、圧倒的なタイヤクリアランスを備えた”ドロップバーマウンテンバイク”という新しい響き。

新鮮に聞こえるけど、構想は1988年から始まったらしい。実に33年前のことです。

CXバイクだけではなく、今はたくさんの方がグラヴェルをドロップハンドルで走ってます。

今は普通のことのように感じるけど、このように先人の遊びが今僕たちの遊びのベースになってることをリスペクトしたい。

アメリカのダートバイクカルチャーの総決算として、満を持してリリースされた感が僕が喰らってしまった最大のポイントだったりして。

抗えぬ猛烈なグラヴェルバイク熱に素直に従い、感情のまま、お財布とは相談ナッシングのまま、ガツンといきました。

バーエンドについて少し。HUNTER CYCLESのHONKEY HANDLESが絶対つけたかった。

長距離移動の際のフラットバーバイク、ポジション変えられず辛い場面が何度か。

そんなフラストレーションの改善案として、バーエンド。

ハンドルの握り位置が確保できるので、意外と機能的なのでは?と予想していましたがやはり大当たり。

登り坂もがきやすいので、フラットバーの短所しっかり補ってくれます。

ブルーラグではPAULのCHIM CHIMがありますね。

手持ちのバイクがほぼ650Bだったので29インチで気分転換。

タイヤはレジェンドBRUCE GORDONのROCK’N ROADを。RIVENDELLのSAMにも付けてます。このタイヤが大好きだ!

凸が連続するようなパターン、サイドノブもしっかり機能するしブリブリ進めます。どちらかといえば土の上が似合うタイヤですかね。

残念ながらこの前この世を去ってしまった、ブルースゴードンさんデザインのタイヤ。

ブルースゴードンから29er、またはモンスタークロスカテゴリが始まったと言っても過言ではない。

オリジネーターに敬意を払って。

レジェンドの復活というエモい理由でのチョイス否めませんが、48Cというラインナップも最高に気分だったんです。43Cしかなかったので嬉しいですね。

時代にアジャストしてくれました。

先日のキャンプライドでは、SALSAのANYTHING CAGEを取り付けて、寝袋とテントをくくりつけました。

キャリアはSURLYの8PACK RACKを。バッグサポーター+天板にはVOILEで溢れちゃった荷物を。

M-1に比べて天板が広いので、バスケットなしでも使い道あってマルチに使えました。(そういえばカゴなしの自転車も久しぶりだな。。)

当初はハブダイナモを入れたかったんですけど、パーツ難民で全然手配できなくて、結果CHRIS KINGになりました。

BOOSTのKINGなんて、まさか自分が買えるとは思ってなかったけど、KINGのリングドライブにライド中多大な恩恵を受け、アングリービーサウンドに癒されます。

今の所最高でしかないです。ごちそうさまです。

ここまででらしくないパーツチョイスとスタッフにいじられたので、自分も落ち着くチョイスを。

GILLES BERTHOUDが使いたかったのですが、穴あきが残念ながらお尻の形に合わず。。どうしよう、馴染むかな。すごいカタチは気に入ってるので、しばらく頑張って使ってみます。

錆止めくらいの意味合いで、ベッとフレームを塗って、デカールは簡単なのをポン!あとは使ってくれー!という感じが、カリフォルニアの憧れのバイクのオーラに近い。

コンポは今はマウンテンコンポを使用していますが、ドロップバーにするタイミングでGRXにしたいなあ〜。

最後に走ってみての感想。

MTBライクなルックスとは裏腹に、距離を走るバイクとして優秀だと思いました。

とても心地が良く、紳士的な乗り味。

芯がしっかりしていて、積載を伴うシチュエーションも、そこまで影響はありませんでしたので、しっかりライド自体も楽しめました。

29erにしたのも日常使いと走破性というポイントにおいて、いい判断だったなと。起伏の激しいオンロードだと、やっぱ登るのでドロップハンドルいいと思います。笑

主にマウンテンバイクするときにそっちの方がバイクコントロールしやすそうだし、タイヤのラインナップもしっかりありますからね。

ホイール2セット組んじゃおうか。笑

こんな悩みを一台のバイクでできる幸せ。

懐が深すぎて遊び方が多岐に渡りそうなので、これからがほんと楽しみです。

by 松本

PARTSLIST

Frame : *BLACK MOUNTAIN CYCLES* la cabra
Headset : *CHRIS KING*
Hubs : *CHRIS KING* ISO B disc hub
Tire : *BRUCE GORDON* rock n' road
Handle : *HUNTER* low rise bar
Stem : *PAUL* boxcar stem
Seatpost : *THOMSON* masterpiece seatpost
Saddle : *GILLES BERTHOUD* open aspin leather saddle
Seat Clamp : *THOMSON*
Brake : *PAUL* klamper disc calliper
Rack : *SURLY* 8-pack front rack
Grip : *OURY* V2 grip
Bag : *SWIFT INDUSTRIES* zeitgeist pack

BUILT BY

BLUE LUG代々木公園店

BLUE LUG YOYOGI PARK

東京都渋谷区富ヶ谷1-43-3
TEL:03-6416-8532

Google Maps Blog