*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse
*ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse *ALL-CITY* space horse

*ALL-CITY* space horse Size : 49

NICE BIKE! 8
読み込み中...

シクロクロッサーの旦那様が奥様へのプレゼントとして組ませていただいたSpace Horseをご紹介。

フレーム自体は実はAllcity主催のイベントでゲットしたプライズだったんです。旦那さまもAllcity乗りだし、期せずしてペアルックとなりました。

組み立ては私がご担当、テーマはレーシーなニュアンスだけど日常バイク。ちょいちょい旦那さまが持ってたパーツなんかも使いながら、組み立てとなりました。

フレームカラーにリンクする形でC.KのヘッドセットはMangoカラーにて。つられるようにバーテープ周りもそれに馴染む形で。

実用性も確保したいところだったので、Mashのフロントラックをお取り付け。Wald halfつけることでボンと荷物も載せられるようにしてます。

ダイナモ化、長い目でみて必要と感じたのでエイっとインストール。SONのものは少し金額しますが、回転の抵抗の少なさ、デザイン、メンテナンス面踏まえてベストなチョイスなのでしょう。ディスク対応はまあまあな金額いたしますが。。。

PacentiのForzaリムを使って渋すぎないバイクの雰囲気をキープ。テクニカルな説明になりますが、このリム組んでてほんと印象良かった。

オフセットリムってのもあるけど、スポークテンションも左右で安定するし、HEDのような芯のある硬さもしっかりと感じることができました。

組みやすいリムは乗り手にとってもメンテナンスの頻度下げられるので双方にとってイイことしかない。650Bのディスクリムをご検討の方はおすすめー。

GSCのドロップハンドルは旦那様が以前何かに使うだろうと思って買っておいたものを運用。女性にしてはハンドル幅がやや広めですが、バスケットのクリアランスをしっかり確保してくれるのは嬉しい誤算。

乗り物なんで旦那さまの愛で、サブレバーを装着。僕もこんなジェントルな男でありたい。

ファンレースもいずれ!とのことだったので、レザーサドルではなくケアの必要がないアメリカはサンタクルズのWTBからSilveradoをチョイス。

破れやすい位置にケブラーで補強があったり、オフロードを熟知するブランドならではの配慮。そこそこ値ごろと言える金額のサドルですが、とっても万能でついつい使っちゃいますね。

ギアード化の可能性も踏まえて、ナローワイド標準装備なRival-1を!XC-3はブラックアウト!きわめつけはPhilcentricBB!だね!

シングルスピードアッセンブルにあたって、変芯BBの大ボスフィルセントリックBBを。(フィルセントリックの説明はダンカンポストしてくれたブログが理解しやすいのでぜひ)

タイヤクリアランス怪しかったですが、ギリギリULTRA DYNAMICOのタイヤが入った!

もうぶっちゃけ理想のスペースホースが完成して、やけに達成感があります。

このバイクでついこの間開催されてたBikeLore10に出走してくれたみたいです。

しばらくはこんな感じで楽しんでもらって、後々はお子様と一緒に楽しめるようにチャイルドシートのお取り付けだったりとか、幅をもってスペースホースを楽しんでくれるとか。

by matsu

Youtubeバイクチェックはこちら↓

PARTSLIST

Frame : *ALL CITY* space horse disc
Front wheels : *SON NABENDYNAMO* SON 28 × *PACENTI* forza disc rim
Tires : *ULTRADYNAMICO* cava brevet tire
Crank : *SRAM* RIVAL
BB : *PHILWOOD* philcentric bb
Headset : *CHRIS KING*
Stem : *THOMSON* elite x4 stem
Handle : *SIM WORKS* Smog Cutter Bar
Brake lever : *SRAM* RIVAL
Brake : *AVID* BB7S
Saddle : *WTB* silverado race saddle BL special
Seat post : *SIM WORKS* froggy stealth seat post
Pedal : *MKS* XC-III bear trap pedal
Rack : *MASH* front rack × *WALD* 137 half basket
Head light : *SON NABENDYNAMO* Edelux II upside down

BUILT BY

BLUE LUG代々木公園店

BLUE LUG YOYOGI PARK

東京都渋谷区富ヶ谷1-43-3
TEL:03-6416-8532

Google Maps Blog