*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN
*KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN *KUALIS CYCLES* Ti MTN

*KUALIS CYCLES* Ti MTN

NICE BIKE! 0
読み込み中...

KUALIS CYCLESは和歌山県の工房でフレーム製作をしているビルダーさんで、元々Seven Cyclesでもビルダーを務めていたこともあり、チタンフレームのカスタムオーダーができる日本では数少ないビルダーの1人。
そんなKUALIS CYCLESの27.5″チタンマウンテンバイクをお持込頂いて、フレームのペイントをCOOK PAINT WORKSで、そして組み付けを僕が担当させてもらいました!

まず目を引くのが鮮やかカラーのグラデーションが施されたペイントでしょう!
カラーやデザインはお客様お持込のアイディアをベースに、COOK料理長のおまかせアレンジが加えられたスペシャルペイントとなっています。

ダウンチューブに大きく入ったロゴはヘッドパーツ、ハブ、BBに使われているChrisKingのピンクとマッチペイント。
ソリッドカラーではなくクリアピンクを使い、ロゴの中でグラデーションさせることでチタンの素地がうっすら透ける仕上がりに。

フレーム後ろ部分もチタンフレームだからできる技、ペイントを切り返して素地を出しています。
さらに切り返し部分へランダムにラインを入れアクセントになっています。
そして大きな肉抜きが特徴のKUALISオリジナルエンドも塗り分けペイントに、ロゴの墨入れと抜かりがありません!

パーツは以前に乗っていたバイクから移し替え。
回転部分はChrisKingで新調し、タフさと回転の良さを兼ね備えます。
ハンドル回りも一新しNITTO For shred barUI-25 stemの組み合わせ。
PDW speed metal gripsのブルーがフレームの差し色ともマッチしていい感じですね!

by ダンカン

PARTSLIST

Frame : *KUALIS CYCLES* Ti MTN custom painted by COOK PAINT WORKS
Fork : *ROCK SHOX* recon
Headset : *CHRIS KING* inset7
Wheels : *CHRIS KING* iso hub X *WTB*
Tire : *CONTINENTAL* moutain king protection
Stem : *NITTO* ui-25 stem (silver)
Handlebar : *NITTO* for shred bar
Brake & Shift Lever : *SHIMANO* deore slx
Crankset : *SHIMANO* deore slx
Seatpost : *THOMSON* elite seatpost
Saddle : *FIZIK* antaress
FD : *SHIMANO* deore slx
RD : *SHIMANO* deore xt
Brake : *SHIMANO* deore slx
BB : *CHRIS KING*

BUILT BY

BLUE LUG 上馬

BLUE LUG KAMIUMA

東京都世田谷区上馬2-38-5
TEL:03-6805-3400

Google Maps Blog